着付け料金は、大阪と東京、福岡ではそれぞれ異なる


pixta_10178764_S

着付け料金の相場は、地域によって異なることを以前のエントリーで書きました。その地域は、大阪府内にかぎってのことでした。

今回は、大阪だけでなく、東京、福岡ではどうなるのか?についてご紹介いたします。

以前のエントリー
着付け料金の相場は、留め袖で4,000円から1万5千円

東京、都内の着付け料金の相場は?

東京、都内の着付け料金の相場は、一流ホテルや有名美容室が一番高く、留袖で1万円、振袖で1万8000円程度です。

もちろんこれよりも安いホテルもあります。

つぎに安いところは、少し二流ホテル、や普通の美容室が、留袖が8000円〜1万円、振袖が1万3000円程度です。

これよりも高い場合は、一流ホテル並みと考えられます。

次は、フリーの着付師や着付け教室に頼んだ場合は、留袖が8000円、振袖が1万2000円程度でしょうか。

これらの値段は、着付師によって異なります。

九州、福岡の着付け料金の相場は?

九州、福岡で着付けを頼んだ場合の相場ですが、ホテルで依頼すると、留袖が8000円、振袖が1万2000円くらいです。

美容室や着付け教室、フリーの着付け師に頼むと、留袖が6000円、振袖が1万円くらいです。

ちなみに、結婚式会場で頼むと、ホテル並みにします。

大阪、郊外の着付け料金の相場は?

大阪でも郊外の着付け料金は、大阪市内にくらべて安くなります。留袖は、6000円、振袖が9000円くらいです。

大阪市以外の都市は、摂津市、豊中市、吹田市、伊丹市、堺市、高槻市などがあります。

ちなみに、郊外と言いましても、急行に乗って20分〜30分くらいで大阪市内に来れる地域ばかりで、どちらかと言うと都会なエリアばかりです。

大阪市内の着付け料金は?

大阪市内の着付け料金の相場は、以前のエントリーで紹介したとおり、振袖は最安値で6000円、留袖は最安値で4000円でした。

全てネットで調べた金額ですが、着付け料金は、お店の立地や着付師の技術の高さにもよりますので、一概に高い安いと値段だけでは決められない部分もあります。

※これらの料金は、あくまでネットで調べた主観ですので、詳しくはお店やお店のウェブサイトでご確認ください。

まとめ

着付け料金の相場を、大阪、東京、福岡で比較してみました。地域を変えて料金を調べると、だいたいの相場が分かり、勉強になりました。

やはり着付け料金は、都心になれば家賃がかかるので、高くなり、ホテルや結婚式場は、一流になれば高くなる、というのは、どの地域も変わらないようです。

【らくらく着付け屋】は、食事のあとも苦しくならないよう、丁寧に着付けます。きつくしなくても着崩れしない着付けの方法で、どなたでも気軽に着物で外出できるようがんばっています。